日産エクストレイル バックの際中、死角にポールが・・・今流行りの壁ドン!!でなくてポールドーン!!です。なるべく安価での修理をとの事で右リヤフェンダーは鈑金修理、右テールライトはリサイクルパーツ使用。リヤバンパーとリヤゲート(バックドア)は同色のリサイクルパーツを使用しての修理となりました。

中古(リサイクル)パーツのバックドアを取り付けましたがリヤフェンダーがポールドーン!の衝撃で正常な位置より約3センチほど中に押されてしまっています。ユカイイという工具を使って引いてみましたがビクともしません。よーく見ると引っ張っている所の下側に損傷が見られますね。これが効いちゃってるんですね。。。
※ユカイイとは通常フロアー(ユカ)を引き出す時に使う工具です。故にユカイイ!!おもしろいネーミングですね。。。

裏は袋になっていて工具はおろか手も入りませんのでパネルの一部分をカットして変わった工具を使って下側のパネルを引っ張ります。左側の写真の〇印の中をご覧ください。パネルが潰れてしまっているのがよーくわかると思います。右側の写真は修正後の写真です。〇印の中もしっかりと元の形に戻っているのがわかると思います。
※〇だか□だかわかんない!というツッコミは勘弁して下さいね。

カットしてしまったパネルを溶接して元の位置に戻します。熱で歪が少なくなるようにパネルの裏側に補強板を入れます。右側の写真は溶接後の写真です。小さなデコをパテを付けて研ぎ鈑金完了です。

鈑金終了後、スプレーブースにて塗装をして磨き作業を行います。その後、リヤゲート、テールライト、リヤバンパーを取り付けて作業完了です。今回、リヤバンパーとリヤゲートはリサイクルパーツにて対応しましたが同色かつ程度もかなり上々の物が入荷した為、補修作業する事なく取り付ける事が出来ましたので安価にて修理する事ができました。リサイクルパーツを有効に使う事で環境にもお財布にも優しい修理が可能です。『あっ!! やっちゃった!こすっちゃった!ぶつけちゃった!車両保険入ってない、どうしよう!車両保険入っているけど1回使ってるから使いづらいなぁ!ダンナに内緒で直しちゃいたいなあ!!』なんて困っている方は前島自動車にご相談下さい。きっと嬉しい提案をしてくれるはずです。お車の事なら前島自動車にお任せ下さい!!