OLYMPUS DIGITAL CAMERA鈑金修理からのグラスコーティング施工でございます。お車をお預かりする際に『全体的にコーティングもやって!!』と。何か艶がないんだよねぇ!』とオーナーさん。購入時にディーラーさんにてコーティングを施工したそうです。『コーティングすればキズが入りませんよ~!』と言われ、言われるがままに高いコーティングを施工したそうです。効いてるのか効いてないのかわからない!!とオーナー様。洗車後の写真ですが何だかボンネットが曇ってませんか?

OLYMPUS DIGITAL CAMERAボンネットのアップ写真でございます。わんさか出てきましたね。曇りの原因のキズが。。。これでは艶無くなりますよねぇ。キズが入らないコーティングなんて無いんですよ~!!『キズが入らない!』なんていうからオーナー様、タオルでゴシゴシと拭いていたというか擦っていたというか。。。『キズが入らない!』という言葉に洗脳されてしまったのですね。。。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAタオルで拭いた後というか擦った跡がよ~くわかりますね。みなさん、キズが付かないコーティングなんてありません。グラスコーティングをしたと言ってもコーティング皮膜はせいぜい0.5ミクロンといったところでしょうか?そんな薄い被膜でキズが付かなくなるなんてありえません。洗車には柔らかいスポンジ。ふき取りには柔らかいクロスをおすすめします。そして愛情込めて愛車を撫でて上げて下さい。特に濃色車はキズが目立ちます。ではコーティングをするメリットは???それは汚れが付きにくくなり、汚れても落ちやすい!という事でしょうか?ほとんどの汚れは水洗いのみで落ちるようになります。シャンプーを使わないで済みますので生活排水を大幅に減らす事ができます。地球にやさしいんです。。。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

完成写真です。ボンネットの深い傷は残念ながら消す事ができませんでした。と言いますかあえて消しませんでした。何故???それはキズを消す為にはコンパウンドを使いポリッシャーを使い研磨します。何を研磨するのか?塗膜を保護しているクリアーです。そのクリアーをキズの深さまで削ってキズを消すのです。という事はお気付きの方は鋭い!!そうなんです。クリアーが薄くなっているんですね。塗膜を保護しているクリアーが薄くなると塗膜の劣化も早まります。よって、深い傷を深追いせずに敢えて残すのです。こういった事は経験がないとできませんね。ワンランク上の磨き作業及びコーティングをお望みの方は前島自動車までご相談下さい。どうですか?このテロンテロンの艶!!あの憎き曇りからの蘇りです。前島自動車では鈑金塗装・車検・整備・コーティング・自動車保険のみならず、お客様のご要望に極力お応えできるように努力しております。桶川市、上尾市、北本市、伊奈町にお住まいの方でお車のご相談がございましたら、お気軽にお声掛けください。