女性のお客様より、『最近オイルの赤いマークがよく点くの!ちょっと見てぇ!』と。。。
オイル交換は直近でいつやりましたか?の質問に『1年半前の車検の時!!』と衝撃の一言。

『これは何?』閲覧注意!!オイルの注入口を開けると・・・。

黒い塊が・・・。
私『お客様、とても乗れる状態ではございません。代車を用意致しますのでお預かりさせて頂けませんか?』
お客様『えっ!ランプが消えればいいのよ!!』
私『ランプを消すためには作に時間もかかりますし、このまま乗られるとエンジンが焼きついてしまい走行不能になってしまいます。』
お客様
『あっそう!じゃ置いていくわ!!!』・・・
簡単に考えておられるようです。

『これは何?』閲覧注意!!オイルストレーナーの詰まりが原因で圧が上がらずにランプが点いたり消えたりしていると思いオイルパンを外して確認してみました。
するとスラッジの塊がドッサリと。。。
記録簿を見ると前回の車検より25,000キロ走行しております。
前回の車検から一年半全くオイル交換されていなかったのです。。。

『これは何?』閲覧注意!!かなり汚れているのがおわかり頂けると思います。
専用の洗浄剤でエンジン内部も洗浄。

『これは何?』閲覧注意!!オイルパンの中にも醜いものがたくさん。。。

『これは何?』閲覧注意!!ストレーナーもこんな状況です。
これだけ詰まっていては圧は上がりませんのでエンジンオイルがスムーズに循環しません。
よってランプが点いたり消えたりするわけですね。

『これは何?』閲覧注意!!タイトルの『これは何?』の正体です。
1年半、約25,000キロ全くオイル交換をしなかった代償です。
こんなものがエンジンの中にいたら、エンジンの調子がいい訳がありませんね。
半年おき、もしくは5,000キロに1度はエンジンオイルを交換しましょう!

『これは何?』閲覧注意!!洗浄後の写真です。
綺麗になっているのがおわかり頂けると思います。

『これは何?』閲覧注意!!オイルパン内部も綺麗に洗浄しました。
このあとパッキンを付けて組み付けして完了です。
このまま乗っていたら、エンジン焼き付いていたでしょうね。。。
しばらくは2,000キロ走行後のオイル交換をおすすめしました。
エンジンは人の体で例えると心臓と一緒ですね。
こんなに固まった血液が体内を巡り、心臓にも循環していると考えると恐ろしいですね。
みなさん、オイル管理はしっかりしましょう!!