◎自賠責保険とは

自賠責保険とは自動車、バイク(原動付自転車含む)を運転する場合に必ず加入するように自動車損害賠償法で義務付けられている強制保険のことで被害者の救済を目的とした社会保障の意味合いが強い保険です。
加入していても有効期限が切れていれば『1年以下の懲役、または50万円以下の罰金』『6点減点』(免許停止処分)。自賠責証明書を携帯していない場合『30万円以下の罰金』になりますので注意が必要です。

Q.自賠責保険はどんな時に支払われるの?

  1. 自賠責保険で補償されるのは、交通事故などで他人を死亡させたり、ケガをさせたりした「人身事故」の場合です。相手への損害賠償に対して保険金が支払われます。したがって、次の場合などは保険金が支払われません。
  • 運転者自身のケガ
  • 自動車の修理代
  • 単独の人身事故(例:電柱に衝突してケガをしたなど)
  • 物の損害

Q.自賠責保険の賠償金の限度額は?

1事故1名あたりですが、下記をご参照下さい。

死亡 3,000万円
ケガ 120万円
後遺障害 後遺障害の程度に応じた等級によって75万円~4,000万円※

※神経系統・精神・胸腹部臓器に著しい障害を残して介護が必要な場合
常時介護:4,000万円(第1級)、随時介護:3,000万円(第2級)
※上記以外の行為障害
3,000万円(第1級)~75万円(第14級)